前立腺情報局

専門的な検査

病院の初診時に検査する内容よりも、更に詳しく行う検査内容を紹介します。数多くの検査がありますが、症状に合わせて必要な検査が行われます。

直腸検査

直腸検査とは、医師が肛門から指を入れて調べる直腸内指診になります。直腸の壁ごしに前立腺に触れて前立腺の様子を見る検査です。肛門に指を入れるという行為に違和感を思えると思いますが、やらなければいけない検査ですので、緊張せず、体の力を抜いてリラックスして受けましょう。余計な力を抜くと痛みもありません。この検査で分かることは、前立腺の大きさや硬さが分かります。前立腺肥大症の場合は大きくなっていて、前立腺がんの場合はカチカチに硬くなります。

経直腸エコー検査

エコーのプローブを肛門から入れて、前立腺を診る検査です。多少、痛みや不快な感じがしますが、この検査も体の力を抜いて受けるようにしましょう。実際はあまり行われていない検査です。

尿流量検査

測定装置のついたトイレを使用して排尿をします。これで分かることは、排尿するためにどのくらい時間がかかるのか、一度に排泄される尿の量、排尿するときの勢いなどが分かります。

残尿量検査

膀胱の中に残っている尿の量を測定するのがこの検査の目的です。前立腺肥大になると、全部出し終えたつもりでも膀胱内に尿が残ってしまいます。検査の方法は2通りあり、尿管にカテーテルを入れて尿を抜き取り、その量を測定する方法と、超音波を使い、エコー検査で膀胱の中に残っている尿の量を画像として見て検査する方法があります。やはり確実なのは実際尿を取り出して測る方法ですが、尿道から異物を入れることに抵抗を感じてしまうかもしれません。けれど、これは必要な検査ですので、怖がらずに気持ちを落ち着けて検査を受けましょう。

膀胱尿道鏡検査

内視鏡を使った検査です。尿道から内視鏡を入れ、直接カメラを通して膀胱内や尿道の様子を診る検査です。局所麻酔剤を使用しますので痛みはありません。現在の内視鏡は、かなり細くて柔らかくなっているため、検査を受ける患者さんの負担が軽くなりました。しかし、必ず行う検査ではありません。局所麻酔剤を使用しても、少なからず苦痛は伴いますので、前立腺肥大などの検査ではほとんど行われません。手術が必要と判断された症状での場合に限って行われている検査です。

X線検査

経静脈性尿路造影と呼ばれる検査で、腕の静脈から造影剤を入れ、X線で尿道や膀胱の状態を診る検査です。血液に入れられた造影剤が、腎臓で分解されて尿となって体の外に排泄される一連の流れが把握できるので、造影剤を使わない通常のX線検査よりも詳しいことが分かります。

前立腺生検

前立腺がんの疑いが高い場合、必ず行われる検査です。直腸側から前立腺に針を刺して組織を採って調べる検査です。検査を行うには、直腸内を空にしておく必要があるため、検査の半日前には絶食をするように言われるでしょう。下剤を使用する場合もあります。検査は台の上で足を広げた状態で行われますので、羞恥心と痛みへの恐怖心があるかもしれませんが、痛み自体はあまり感じないようです。

CT・MRI

前立腺がんの疑いがある場合、その広がり具合や、違う場所への転移がないか調べる検査です。体の断面を撮影する検査で、CTはX線、MRIは磁気によって撮影されます。

骨シンチグラフィー

前立腺がんの疑いがあるときに行われる検査です。体に特殊な放射性物質を注入し、体から出る放射線物質を特殊なカメラで撮影します。前立腺がんは骨に転移しやすいので、その転移があるかないかを調べる検査になります。