前立腺情報局

前立腺マッサージ

前立腺マッサージというと、いやらしいことを考えてしまう人もいるかもしれませんが、これはれっきとした治療の一つだとご存知でしたか? 初期の前立腺肥大や前立腺炎にとても効果があり、ひどくなると入院しなければならない前立腺肥大や前立腺炎も、薬と前立腺マッサージで改善されてしまうのです。

マッサージの目的は?

前立腺マッサージとは、肛門から指を入れて、大腸側から前立腺を刺激することです。前立腺肥大や前立腺炎を早期に見つけることができれば、抗生物質と前立腺マッサージで治ってしまうのです。薬が届きにくい臓器なため、マッサージを併用するのです。排尿時に不快感があるからといって、すぐに病院に来る人は稀です。おかしいな? と思ったら、すぐに診察を受けるべきです。症状が進んでしまうと、治療にも時間がかかりますし、前立腺マッサージでの改善は見込めません。排尿時の違和感を見逃さないようにして、簡単な治療で症状が治まるうちに治療を始めましょう。行うのは男性医師ですので、緊張しないよう、リラックスして受けるようにしましょう。マッサージされて出てくるのは精液ではなく、前立腺液です。この行為は立派な医療行為ですので、恥ずかしがることはありません。

前立腺マッサージの方法

 

手には薄い手術用のプラスチック手袋などをはめます。肛門に潤滑剤をつけ、緊張している肛門を柔らかくほぐします。第一関節まで指を入れて、スムーズに動くように少し出し入れします。医師は前立腺の場所を分かっているのですぐに探り当てます。肥大していたり、炎症を起こしていても痛みはありませんので心配いりません。医師が肥大した前立腺に指を使って1分間ほど指を押し当てます。この治療は、できれば週に2〜3回程度行うのが理想的ですが、仕事をしていると、思うように病院に行くことができない人もいるでしょう。自分で行うには体制的に無理がありますので、奥様などに頼んで医師と同じようにやってもらうのもいいかもしれません。前立腺肥大や前立腺炎は、その周囲が凝っている上体ですので、凝りをほぐしてあげると症状も和らぐというわけです。この方法で、排尿障害が改善されるという実績もちゃんとあります。

前立腺マッサージの効果

前立腺マッサージを行うことにより、目に見える効果とはどのようなものがあるのでしょうか。基本的な効果として、夜寝不足になるような頻尿が改善する、尿の勢いがよくなった、尿漏れをしなくなった、残尿感が消えた、などがあります。前立腺マッサージによって肥大したり炎症を起こした前立腺も、尿がスッキリと出るようになって、不快な症状が改善されます。症状が進んでしまい、入院して手術を行う場合もあるのですが、早期に発見できれば入院しなくても手術しなくても済むのです。注意しなければいけないのは、前立腺マッサージを行う場合、爪を短くしておかなければ、腸の中を傷つけてしまうことになります。泌尿器科の医師が爪を長くしているということはありえませんが、仮に奥様などに行ってもらう場合などは、爪の長さに気をつけなければいけません。焦らずゆっくりと時間をかけて行うことも大切です。診察してもらった医療機関では、マッサージを進めるのに行ってくれない、どうしても『泌尿器科』に通院するのが嫌だという人もいるでしょう。通うのに抵抗があるのであれば、インターネットで調べると前立腺のトラブルを抱えている人用の専門のサロンもあるようです。自宅まで出張してやってくれるところもあるようですので、自分の家の近くにないか調べてみましょう。もちろん行ってくれるのは男性になります。